「富田屋」・昭和劇場

今日は窓越しに、日が射してると暖かさを感じましたが、寒風肌に刺さる外回りでした。走りました。

疲れ果てた帰宅後の風呂は、長めの入浴は、体の芯まで暖まり、気分が癒されます。元気が出ます。

気分を変えまして、今日は私の生家「富田屋」の話しにお付合い下さい。

高山の当地にて大正7年に営業を始めました。創業以来92年のこの店には、歴史があるわけです。

曽祖父の代より地元では「富田屋」と皆様に可愛がられ、平成になりましても細々と年老いた母が気骨に

て60年余頑張って、店を守り続けて参りました。(母の頑張りには子供ながら、尊敬しています。)

 しかし、年末に母からの申し出により(断腸の思いであったようです)、歴史に幕を閉じました。

店番する母は近年骨折後歩行が思うようにいきませんでしたが、それでも頭と耳と眼はしっかりしていまし

て、「ごめん下さい」、「居ますか」と店に入られましても、奥の方に居るときは直ぐには出て来ることが出

来ませんでしたが、お客様の声は届いていましたので、「はい、ハイ、はーい。いま行きます」と返事

しながら、ゆるりと店に現れる最近でありましたが、それでも頑張っていました。

 私の子供時代と比べれば品数、商品など変わりましたが「雑貨屋」として、また地元の古くからのお客

様とのお茶のみ、世間話、雑談の寄り合い場所となっていましたが、母が元気な内は「富田屋」として残し

て行きたいと、心配はしながらも見守って来ました。

 この年末に30年振りに訪れた友が「子供時代の店がここにはある。昭和があるよ。おばさんは昭和劇

場の主役だ」と色んな品を感激しながら手に取り、眺めていました。その言葉に私も再認識し、何年振りか

で店を見渡してみました。 店内の雰囲気は写真で想像、感じて頂ければ「昭和劇場」がお解り頂けるか

と思います。

 想像していただけましたでしょうか?(昨年までの92年間の「富田屋」を)

「新しい朝が来た」は、母の自作です。「衆及愛博」(書)は、{はくあいしゅうにおよぼす}と、読んで終戦前

の明治天皇の教育勅語の一文だそうです。富田屋に立ち寄った須弥山日道(すみせんにちどう)という、

みすぼらしいお坊さんが親切にしていただいたお礼に、したため置いていったものだそうです。(母談)

「坂の上の雲」(司馬遼太郎)が無造作に置かれていますが、亡父の愛読書にて、母が店に何故か何年

も埃も被らず置いてあります。母とかみさんと弟です。(この写真を見て友が、「おばさんと弟君の手が。自

然と握り合ってる手が、手が素晴らしい。青山家はこれまた昭和の家族愛だ」と気づいていなかった私に、

指摘し、おだててくれました(^^)。

感じていただけましたでしょうか? 「昭和劇場」を。実は私も、今回我が「富田屋」を再認識した次第であ

ります。これも地域の方々との和と、また絆にて、今までやってこれたんだと深く感じ入りました。

 卯年、2011年、年末にて92年の歴史に幕を閉じ廃業と致しましたが、長年にわたり地域地元の皆様

方にご愛好とご厚情頂きましたこと、深謝申し上げます。ただただ、感謝であります。

 まだまだ、母は元気であります。通りすがりの折にはお声を掛けていただければ幸いであります。

約束・その8

〇「歴史と文化がかおるまちづくり」

 東山道中仙道裏木曽にみられる歴史街道と、古くから育まれてきた歴史、そしてそこに生まれた中

津川市内における文化を、市民のみなさまの文化財・宝として歴史発信しながら保存と観光地発展につ

なげて参ります。島崎 藤村、前田 青邨、熊谷 守一氏などをを輩出した地域として誇りを持ちながら。

約束・その7

〇「自然豊かなまちづくり」

  農林業を盛んに

 

  豊かな自然に抱かれた中津川市の農業、林業の更なる発展と、次世代の担い手の育成に、尽力致します。

 自然環境の保護生活共存調和を計り、住み良いまちづくりを考えて参ります。

約束・その6

 〇「働く場があるまちづくり」

             産業を元気に。

          

                    

 

 商業・工業・農業・林業・観光地活性化を促進します。

 企業誘致に積極的に取り組むとともに、既存企業の本社への、積極 

的な営業活動の取り組みを推進します。         

 若者たちが中津川のまちで生き生きと、光る汗を流して働ける住み良いまちづくりを目指します

     

約束・その5

〇「夢があふれるまちづくり」

  リニア中間駅の活用。

 

                

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

豊かな自然を考慮した、夢のあるリニア中間駅、その関係施設、アクセス整備、環境整備、観光・産業

の活性化などを、県と協議の上、同調歩調のもと、つくり上げて行きます。

 待った無しの、大きな夢の構築に向けて共に推進して行きましょう。

 また県と同様、周辺市町村との協議・協調と調和が肝要とも考えています。

 大きな夢を語り合う為に、是非市民の皆様のお声をお聞かせ下さい。

約束・その4

〇「将来を見据えたまちづくり」

   道路網(青木斧戸線など)の整備。

   市内道路網など、安全・安心を考慮したアクセスの利便性(生活、経済など)を高めます。

事務所開き

 

   本日、午前11時より事務所開きが出来ました。

 本営、活動基点を立ち上げられたことに感謝です。

 厳寒の中、お集まり頂きました支持者の皆様に御礼申し上げます。

 強い気力と意志にて、ご支援の輪を広げて参ります。

 

約束・その3

〇「命を守るまちづくり」

  市民病院、坂下病院の機能充実。

〇「人にやさしいまちづくり」

  福祉の充実。

〇「未来につながるまちづくり」

  子育ての支援(未満児保育、学童保育など)。

 市民の皆さんの為の、安心・安全なまちづくり

 

 ライフスタイル(ゆりかごから墓場まで)に沿った、社会保障(福祉・保健・医療・介護など)の充実を目指します。

    明日(5日)は事務所開きです。その準備をはじめあわただしく動き廻ります。

約束・その2

〇「苗木のミックス事業選定地を白紙撤回します」

 

 

 

 

 

 

 

       この地でのミックス事業白紙撤回と致します。

 

 今日は天候の変化の激しい一日でした。体調管理に、皆様もご留意下さい。

約束・その1

〇「新図書館の建設工事を中止します」

 現在進行中の現場風景は壁紙が問題を物語っています。

観光客はじめ通行人には異常に感じることでしょう、ね!?。

一日も早い問題解決が必要です。

 元旦も朝から走り回りましたが、みなさまには新たな年、穏やかな正月を迎えられたことと思います。

 先月より超多忙な日々を極めた為の罰として、年越し賀状を書いています。毎年の人に、新年賀状を失

礼しましたことをこのブログを通して、お詫びいたします。