Home 太宰府天満宮にて
« Home »
6月 25th, 2013 Comments: 0

太宰府天満宮にて

Tags
Plurk
Share this

(女房談)

初めて大宰府天満宮へ行ってきました。梅雨空の下、西鉄大宰府駅を降りてすぐの参道はお店を気にしながらゆっくりと歩きました。  学問の神様と言われる菅原道真公が祀られている本殿で参拝し歴史館に立ち寄りました。学業は当の昔に卒業しましたが、人生は一生が勉強、ここでお参り出来たのはちょうどよい時期だったのかも知れません。境内には樹齢千年を越えるクスノキやたくさんの梅ノ木があり、青々とした実がたわわになっていました。

東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ

紫陽花観ながらお抹茶と梅ケ枝餅で休憩し、帰りに久留米絣の上衣をおばあちゃんにお土産です。

大宰府天満宮に隣接している九州国立博物館はとてもすばらしい建物で、近代的な造りですが周りの景色と一体化していて自然の中に溶け込んでいるような建物でした。菊竹清訓さん(2011年死去)と言う方の設計だそうです。時間がなく展覧会を観ることが出来ませんでしたが、その建築物を見るだけでも違うと思います。今度来る時は催し物の内容も鑑みて日程を決めたほうがよいですね。また訪ねる楽しみができました。

夜は博多で食事をし、屋台でシメ?に長浜ラーメンを食べました。久し振りの社会見学は自分の年齢を忘れていました。

帰り はやっぱり国産明太子!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>