Home 「素 描」 より
« Home »
4月 11th, 2013 Comments: 0

「素 描」 より

Tags
Plurk
Share this

第8回(最終回) 2月23日掲載 「出会いは人生の宝物」

 

今から33年前、29歳を迎える春に中津川市(旧福岡町)へ帰郷しました。やむを得ぬ家庭の事情でしたが、当時は東京で一生を終えるつもりでいたので、東京を離れることは多くの友人、恩人との別れを決断することであり、大いに悩みました。その複雑な気持ちを整理するつもりで、帰郷後に車を購入予定だった少ない退職金でアメリカ旅行をしました。旅の大きな目的は、カリフォルニアのヨセミテ国立公園を訪ねることでした。氷河で削られた雄大な自然の風景、厳しささえ感じさせるすがすがしさに触れ、この地を訪れる人たちのおおらかさの中に見える真剣さに人生の愉しみ方を見た思いでした。都会に住むことにこだわり続け、自己満足だけを求めていた自分が小さく見えた瞬間でした。憧れの地ヨセミテは期待を裏切らなかった。そう感じられたことで、心機一転、故郷での新しい暮らしを始めることができました。その後32年間勤めたJA時代、多くの人との出会いを得ました。先輩、同僚、仲間に助けられ、組合員のために一生懸命に働きました。人とのつながりが支えとなったのです。そうして迎えた還暦という節目の年に市長選に出馬。人生最後の大きな決断ができたのも、そうした支えがあったからのことでした。将来に向かって歩み始めたこの一年、多くの人と出会い、励まされ、教えられました。旅先で中津川を知る人に声をかけられるなど、思いがけない出会いもありました。もちろん東京時代の友人、恩人とは今でも連絡を取り合っています。出会いは人生そのもの、人生の宝物です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>