Home 武運・鶴岡八幡宮
« Home »
1月 13th, 2012 Comments: 0

武運・鶴岡八幡宮

Tags
Plurk
Share this

告示まで後1日となり、このブログも右に倣えにて、22日(日)まで一時休止となります。忙しさの余りか、時のたつのが特別早く感じ、遣り残したこと、気づかずにいることがあるんでは、との思いで気になっています。

 さて、今日をこのようなかたちで、迎えるとは夢にも思わなかったことですが、今に思えば偶然であったのか、昨年の還暦神社仏閣廻りにて「武運」の神様・鎌倉鶴岡八幡宮へ参拝したのは、お札、朱印帳とも意味あるものだったかと感じる、旅を紹介します。

10月9日横浜泊。10日(月)、連休にて鎌倉への道は渋滞するからと、横浜の友が早朝にホテルまで車にて迎えに来てくれ、雑談しながら横浜市街を眺め、鎌倉へ向かいました。大船、北鎌倉と渋滞も無く、順調に鶴岡八幡宮に到着、秋晴れの下、そうそうに若宮大路を抜け、太鼓橋を横目に本堂へと、長い石段を踏み参拝致しました。八幡宮はじめ、秋の鎌倉は午前中から観光客で大変な賑あいでありました(観光地開発はまちを元気づけます、ね)。一昨年倒木した「大銀杏」の新たなる芽の息吹には、その生命力には、驚きとともに自然の素晴らしさを知らされました。

[鶴岡八幡宮:源頼義にて建立され、鎌倉幕府・源頼朝にて「武門の神」として歴史に登場し、源氏、足利氏、豊臣氏、徳川氏と受け継がれて行く。武運、関東武士氏神様。]

銭洗弁財天参拝後は、胸に手をあて、想像するだけで何か楽しくなる昼下がりでした。

新横浜への移動の途中、大船の地元では有名な蕎麦屋にて、遅い昼食を摂りましたが、なんと和洋折衷にて、蕎麦はソバでそこそこ美味かったですが、それ以上にステーキがめちゃ美味かったです(^^)

 新横浜駅で友に見送られ、新幹線では爆睡しての、二泊三日の還暦神社仏閣廻りが無事終えられ、楽しい年間計画の旅を終えることが出来ました。(12月31日タイトル「還暦(厄年)」還暦年間計画)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>